管理人が独自の視点で乳酸菌サプリを比較

乳酸菌サプリを比較するポイント

乳酸菌はかなり種類が多く、働きもそれぞれ異なるのでどの乳酸菌を摂取すれば良いか迷います。いろんな種類をまんべんなく摂取するのが理想ですが、信頼できるそのようなサプリを調べるのも一苦労です。

そこで、管理人が重要であると考える下記の3つのポイントに沿って乳酸菌サプリをピックアップしました。乳酸菌サプリ選びの参考になれば幸いです。

1.乳酸菌の種類

乳酸菌の中には、腸内に定着してその乳酸菌自体が良い働きをする種類や、腸内の善玉菌のえさとなり増殖のサポートをする種類があります。

いずれの乳酸菌も継続的に摂取すれば腸内環境を改善し、結果として免疫の活性化や便通の正常化などの効果が期待できますが、乳酸菌によって得意とする働きとそうでない働きがあります。

ですから、乳酸菌の働きを補い合うために複数の乳酸菌を組み合わせて摂取することをお勧めします。数ある乳酸菌の中でも摂取することが望ましい代表的な乳酸菌が下記の3つの乳酸菌です。

  • ビフィズス菌

    ヒト由来の乳酸菌。酢酸を作り出すことで腸内を悪玉菌が苦手とする酸性の環境に整える。黄土色の健康的な便にはビフィズス菌が多く存在する。

  • ラブレ菌

    植物由来の乳酸菌。胃酸に強く腸内に留まる力が強い。免疫を活性化する働きがあり、ビフィズス菌を増やすプレバイオティクスとしての働きもある。

  • ガセリ菌

    ヒト由来の乳酸菌で小腸に多く存在する。内臓脂肪を低減する働きやストレスをやわらげる働きなど独特な特徴の乳酸菌。腸まで生き抜く力も強い。

  • フェカリス菌

    ヒト由来の乳酸菌。小腸に働きかけ免疫活性やアレルギー抑制の働きがある。死菌でもその働きが変わらないためサプリに大量配合することができる。

腸内環境の悩みと乳酸菌の対応表

腸内環境の悩み 期待できる乳酸菌

便秘や切痔

ビフィズス菌ラブレ菌

内臓脂肪

ガセリ菌

免疫活性

フェカリス菌ラブレ菌

口臭

ビフィズス菌

このようにこれらの乳酸菌は、働きがそれぞれ異なっていてサポートし合うので組み合わせて摂取したい乳酸菌です。また、ビフィズス菌、ガセリ菌、フェカリス菌はヒト由来、ラブレ菌は漬け物から発見された植物由来の乳酸菌なので腸への定着が期待しやすい種類といえます。

2.乳酸菌の配合技術

乳酸菌は種類によって形状や大きさが異なります。例えばフェカリス菌は球状の形をしていて他の乳酸菌と比べると小さいため大量に配合できるという特徴があります。また、死菌でも小腸に働きかけ免疫力を高める働きがあるため、生きて腸まで届くことを気にする必要がありません。

一方ビフィズス菌やガセリ菌は、生きたまま腸に届かせて定着させることが望まれるので、胃酸で死滅しないような配合技術が重要になってきます。

ビフィズス菌やガセリ菌はそのまま摂取してもほとんどが胃酸で死滅してしまうので、一見配合量が多くても効果が期待できない可能性が高くなります。

ですからサプリを選ぶときに見るポイントは、配合量と合わせてではなく生きて腸まで届かせるためのカプセル化などの配合技術に注目する必要があります。

3.その他の成分

食物繊維やオリゴ糖は腸内の善玉菌や摂取した乳酸菌の増殖をサポートする代表的な成分です。ですから乳酸菌サプリにも食物繊維やオリゴ糖を配合したサプリは多く、各メーカーとも限られたカプセルの中に配合するために工夫を凝らしています。

より多くの種類と数の乳酸菌を配合することも重要ですが、摂取して終わりではなく腸内で定着し増殖することがもっと重要です。従ってプレバイオティクスである食物繊維やオリゴ糖の配合の有無も注目しましょう。

乳酸菌サプリの選び方まとめ

  • 乳酸菌の種類は、ビフィズス菌やガセリ菌、ラブレ菌、フェカリス菌が複数配合されたサプリを選ぶ。
  • 乳酸菌の配合量と合わせて、胃酸で死滅しない配合技術に注目する。
  • 食物繊維やオリゴ糖もあわせて配合されているサプリを選ぶ。

乳酸菌サプリを上記の視点で比較【ランキングで紹介】

  • 乳酸菌革命

    ビフィズス菌、ガセリ菌、ラブレ菌、フェカリス菌の4つの乳酸菌を網羅したサプリです。またバイオジェニックスでもある乳酸菌生産物質も配合されている点も注目でしょう。

    耐酸性カプセルを採用しているので腸まで届かせるという点についても対応されています。さらに食物繊維やオリゴ糖も配合されており腸内環境をサポートする成分がオールインワンになったサプリメントです。

    乳酸菌の配合量と種類 1,000億個/2粒 ビフィズス菌、ガセリ菌、ラブレ菌、フェカリス菌など16種類
    乳酸菌の配合技術 耐酸性カプセル
    その他の成分 食物繊維、オリゴ糖


  • ヘルスエイドビフィーナS

    ロンガム種と呼ばれるビフィズス菌50億個に加えてガセリ菌とアシドフィルス菌10億個を配合したサプリです。

    ロンガム種ビフィズス菌20億個を摂取すると便通を改善することが文献から確認できたことから、機能性の表示が可能となっています。

    また、独自に開発したハイパープロテクトカプセルを採用することで、胃酸に弱いビフィズス菌の生存率を改善しています。

    乳酸菌の配合量と種類 60億個 ビフィズス菌、ガセリ菌など
    乳酸菌の配合技術 ハイパープロテクトカプセル
    その他の成分 オリゴ糖


  • 乳酸菌(EC12)

    フェカリス菌を1兆個と膨大な数を配合した顆粒状のサプリ。フェカリス菌は球菌で非常に小さいため他の乳酸菌と比べると大量に配合できることから1兆個という数の配合になっています。

    またEC12に配合されているフェカリス菌は加熱殺菌された死菌です。

    乳酸菌の配合量と種類 1兆個 フェカリス菌
    乳酸菌の配合技術 特になし(死菌のため必要なし)
    その他の成分 食物繊維、オリゴ糖


乳酸菌革命が1位の理由

乳酸菌革命は、テレビCMを行っているものの大手製薬メーカーなどの乳酸菌サプリと比べると知名度は低いかもしれません。しかし、配合されている成分を見比べるとビフィズス菌やガセリ菌を始めとし様々な乳酸菌が計1,000億個配合されており大手製薬メーカーの乳酸菌サプリと比べても優れた配合量と成分です。

また、【腸内改善の新たな視点】プロバイオティクスとバイオジェニックスでも詳しく解説していますが、乳酸菌が腸内で活動することで作り出す生産物質は腸内環境の改善に重要な働きをすることが分かってきています。

乳酸菌サプリの中でも乳酸菌生産物質を配合したものは多くありませんが、乳酸菌革命はしっかりと配合されています。

さらに善玉菌や乳酸菌が増えるためのえさとなる食物繊維やオリゴ糖も配合されています。

以上のように他の乳酸菌サプリと比べても配合成分が充実している点が乳酸菌革命がお勧め第1位の理由です。


このページの先頭へ