おならが臭いのはずばり○○菌不足!

「おならが臭い」どんな生活習慣が原因?

おならが出るのは腸が活動している証拠なので基本的には問題ありません。むしろおならは腸管を刺激してぜんどう運動を促し腸の機能を高めてくれるので必要な生理現象といえます。ただしそれは臭いがない場合に限ることで、臭い場合は話が違ってきます。

臭いおならの原因はやはり毎日の生活習慣にあります。特に食事の影響は大きく、乱れた食生活を送っているとおならが臭うようになってきます。

乱れた食生活がなぜ臭いおならの原因になるのでしょうか?それは、食生活の乱れによって増えた悪玉菌が活発に活動することによって、匂いの原因物質を作り出すことにあります。

腸には善玉菌と悪玉菌が共存していてバランスを保って腸内環境を良好に保っています。しかし悪玉菌が好む食生活を続けてるとそのバランスは簡単に崩れてしまいます。また、善玉菌はストレスにも弱く簡単に減少してしまうのです。

悪玉菌が好む食生活はたんぱく質や脂質の多い食事です。タンパク質や脂質は悪玉菌のえさとなりインドールやスカトールといった便の匂いのもとになるガスをせっせと作り出します。このガスが臭いおならとなって体外へ排出されてしまうのです。

ビフィズス菌はおならが臭くなる腸内環境を改善

悪玉菌を抑えて善玉菌を増やすためには、乳酸菌やビフィズス菌を摂取するのが基本です。特にビフィズス菌は腸内環境を整えるのに非常に役立ちます。

乳酸菌は乳酸しか作り出せませんが、ビフィズス菌は乳酸に加えて酢酸を作りだすことができるのでおなかのバランスを強力に整えることができます。

酢酸は腸の粘膜を保護したり強力な殺菌力があるので、悪玉菌の増殖を抑え腸内環境を効果的に整えていきます。

腸内の酸性度がペーハー5~6でも衰えない強力な殺菌力を持つ酢酸は、悪玉菌を減らすのに欠かせません。ですから、ビフィズス菌は腸内環境を整えるためには必要不可欠なのです。

シンバイオティクスでおならの臭いを改善

ビフィズス菌を腸内で増やしておならの臭いを改善するのに効果的なのがシンバイオティクスです。

シンバイオティクスとはプロバイオティクスとプレバイオティクスを組み合わせたもの、あるいは両者を一緒に摂ることを言います。

プロバイオティクスとプレバイオティクスとは?

プロバイオティクスとは?

腸内で人にとって有用な働きをする微生物を言います。たとえばラブレ菌やガセリ菌などの乳酸菌やビフィズス菌があげられます。

プレバイオティクスとは?

プロバイオティクスを増やすためのエサになったり、善玉菌が住み着きやすい環境を保つ働きがある成分を指します。胃や十二指腸などの消化器官で分解や吸収されずに腸まで到達するのも特徴です。例えば食物繊維やオリゴ糖などがあげられます。

なぜシンバイオティクスなの?

ビフィズス菌は熱や酸に弱いため、胃酸によってその多くが死滅してしまいます。かろうじて腸内まで到達しても悪玉菌の勢力を低下させるほどの数は残っていないでしょう。

最近は胃酸に強いビフィズス菌の種類などが見つかっていますが、生きた状態で大量に腸内へ届けるのは限界があります。

そこで有効な考え方が生きて届いたビフィズス菌を腸内で増殖させるという方法です。つまりプロバイオティクスであるビフィズス菌とビフィズス菌のえさとなる食物繊維やオリゴ糖などのプレバイオティクスを同時に摂るのです。

プロバイオティクスとプレバイオティクスを同時に摂取する、つまりシンバイオティクスを摂取することでビフィズス菌を届けることと増やすことを同時に行うわけです。

現代の日本人の食生活は、極端に不足している栄養素は少ないと言われていますが、食物繊維はすべての年代で不足しています。

ですからシンバイオティクスを意識的に摂取するということは、食物繊維も合わせて補充できるのでより健康的な食生活に近づけることができるといえるでしょう。

さてシンバイオティクスに分類される単品の食べ物としては漬物などがあげられます。野菜に含まれる食物繊維やオリゴ糖、発酵で増えた植物性乳酸菌などが含まれていて同時に摂取できます。

しかし、ビフィズス菌を含むシンバイオティクスはなかなかありません。やはりプレバイオティクスを含む乳酸菌サプリが手軽で便利でしょう。

最近は腸まで生きて届くためのカプセル技術(腸溶性カプセル)も向上しているのでビフィズス菌が腸まで届く割合も大幅にアップしています。サプリを上手く活用してビフィズス菌不足の解消と匂わないおならを目指しましょう。

管理人おすすめの乳酸菌サプリと選ぶポイント

続けて飲めば効果を実感できると考える乳酸菌サプリを比較厳選して紹介。

乳酸菌だけでなく食物繊維やオリゴ糖も配合されたサプリがおすすめです。乳酸菌サプリを選ぶポイントも解説しています。

このページの先頭へ