コロコロ便の解消に水分の摂りすぎは意味がない?

コロコロ便ができるまで|解消に向けた方針

ウサギの糞のように硬くコロコロした便になってしまうのは、大腸の動きに問題がある場合が多いと考えられます。

小腸から大腸へ送り出された液状の消化物は、大腸で水分を吸収しながら適度なスピードで肛門へと運ばれていき固形になります。

この「適度なスピード」というのが重要で、早すぎると水分が多すぎる下痢状の便に、遅すぎると水分が少ない硬い便になります。

さらに大腸の壁は、狭まったり広がったりすることで便を一定のリズムで押し出していきますが、何らかの原因でリズムが崩れると便が切れ切れになってしまいます。

このように大腸が便を押し出す「スピード」と「リズム」が崩れてしまうとコロコロ便になってしまうのです。

ではなぜ大腸のスピードとリズムが崩れてしまうのでしょうか?

下剤の乱用

女性は体のつくり上便秘になりやすいという特徴があります。便を出そうといきむと直腸の圧力が高まり便が押し出されます。

ところが女性の場合、直腸の壁を隔てた向こう側には膣の空間があるため、いきむと膣側に膨らんで直腸の圧力が高まりにくくなる人がいます。(このような症状をレクトシールといいいます)

このような背景から女性の中には下剤を常用する人も少なくなく、下剤の影響で腸の働きが低下し、ますます便秘がひどくなってしまいます。

下剤がなぜ腸の動きを低下させるのか?
下剤には、漢方で使われる大黄、アロエやセンナなどが配合されているものが多く、これらの成分は腸を刺激し腸の運動を活発にする働きがあります。ところが、これらの成分にはアントラキノンという成分が含まれていて効き目が強い反面、腸の動きが悪くなる副作用があります。

ストレス

腸の動きは、ストレスの影響を受けやすい特徴があります。個人差や程度の差はありますが、ストレスによって腸が細かく痙攣してしまう人もいます。

腸が痙攣すると、便を押し出すリズムが不規則になるので下痢になったり、便秘になったりを繰り返します。

また、痙攣性の便秘はコロコロ便になりやすく、食物繊維を摂りすぎると腸の動きが活発になりすぎて下痢をしてしまいます。私もどちらかというとこのタイプです。

腸の動きを落ちつかせる呼吸法や食物繊維の摂取の仕方などについてまとめた下記の記事もご参考下さい。

過敏な胃腸を落ち着かせるために実践している呼吸法

便秘対策には食物繊維だけでは不十分!?

【水をたくさん飲めというけど…】コロコロ便の解消になるの?

コロコロ便の解消法として水分の多量摂取が提案される場合もありますが、頑張って水をたくさん飲むと本当に便が軟らかくなるのでしょうか?

1日に必要な水分量はだいたい2リットルといわれています。食事にも水分は含まれているので、毎食後にコップ1杯程度の水分を飲めば食事とあわせて十分に足りる量です。ですから、食事制限を行っていないのであれば頑張って余分に1リットルも2リットルも飲む必要はありません。

必要な水分量以上の水分は尿として排出されるだけで、便に取り込まれるわけではありません

むしろ過度に余分な水分は、体や臓器を冷やしたり、むくみの原因になったり、塩分濃度が下がり血圧に悪い影響を与えるなどの弊害もあります。

便の水分が少なくなるのは水分の摂取量が少ないわけではなく、上でも説明したとおり便が大腸を通るスピードとリズムが乱れることが問題なのです。

スピードとリズムを正してコロコロ便を解消するには

下剤の乱用やストレスなどに心当たりがないのなら、便を押し出すスピードとリズムが崩れている要因として腸内の悪玉菌が増えて善玉菌と悪玉菌の細菌バランスが崩れていることが考えられます。

悪玉菌は、インドールやスカトールといった腸の動きを低下させる強い有害物質を作り出します。またこれらの成分はいわゆる便の匂い成分でもあるので、悪玉菌が腸内に多いと便の匂いがきつくなります。

このような悪玉菌が作る有害物質によって腸の動きが低下すると、便を押し出すスピードとリズムが崩れてコロコロ便になってしまうのです。

ですから、悪玉菌が増えた腸内環境を整えるためには、ビフィズス菌などの善玉菌や善玉菌のえさとなる乳酸菌、食物繊維を積極的に摂取しすることが大切です。

なぜ善玉菌は腸内環境を整えるの?
善玉菌の代表格であるビフィズス菌は、乳酸や酢酸を作り出すことで腸内環境を弱酸性に保ち腸の働きを活発にします。悪玉菌は弱酸性の環境が苦手なのでビフィズス菌が多く住み着いている腸内では増殖することができなくなります。また、黄土色で健康的な便は酸性で黒色で匂いのきつい便はアルカリ性です。

腸内環境を支える乳酸菌!ビフィズス菌の働きと重要性

ビフィズス菌や乳酸菌の継続的な摂取は、腸の動きを低下させてコロコロ便の原因となる悪玉菌を減らすことができます。

即効性のある下剤は上で紹介したアントラキノン系も少なくなく、大腸メラノーシスといって大腸の粘膜を黒く変色させて腸の運動を低下させる副作用があるためコロコロ便を重症化させる原因になります。

ただし、下剤を常用している人が突然服用を止めると、自力で便を出すことができなくなる場合もあります。下剤を少しずつ減らしながら乳酸菌や食物繊維を継続的に摂取して腸内環境を整えることをお勧めします。

便を押し出すスピードとリズムを正す乳酸菌サプリの選び方

悪玉菌の増殖を抑えるビフィズス菌が配合されているかどうかはサプリを選ぶ上で大きなポイントです。

一方で口から摂取したビフィズス菌や乳酸菌は腸内で定着できないとそのまま便として排出されてしまいます。ですから、腸内で定着し増殖するためにはえさとなる食物繊維が必要になるためです。

ビフィズス菌や食物繊維が一緒に配合されたサプリなら手軽に2つを摂取できるので効率的です。また、ビフィズス菌のえさとなる乳酸菌(例えばラブレ菌)もあるので複数の乳酸菌が配合されたサプリもおすすめです。

そこで、以上の条件の観点から乳酸菌サプリを比較厳選して紹介します。

このページの先頭へ