便秘なあなた、最近不眠ではありませんか?

便秘になると不眠を引き起こすのはなぜ?

多くの女性を悩ましている便秘は様々な体の不調を引き起こしますが、睡眠の質とも関係が深いことはとあまり知られていないでしょう。

腸内には、読んで字のごとく人にとって良い働きをする善玉菌と悪い働きをする悪玉菌、善玉菌と悪玉菌の勢力の強い方に肩入れする日和見菌の3種類が存在しています。

このうち善玉菌は、ビタミンB群の生成や乳酸や酢酸(腸内を酸性に保ち悪玉菌の増殖を抑える)の生成、免疫細胞の活性化、有害物質の分解など健康的な生活を送るために欠かせない働きをしますが睡眠誘導物質(スムーズな睡眠へと導く物質)の生成にも深く関係していることが最近注目されています。

便秘と悪玉菌の増加は切っても切れない関係にあります。従って、便秘の人は悪玉菌の勢力が善玉菌よりも強い傾向にあるため上で挙げた善玉菌の働きが弱まっていることから体のさまざまな不調を引き起こすのです。

便秘の人は睡眠の質が悪いのも、睡眠誘導物質の生成に関係する善玉菌の働きが弱まっているのが原因の一つと考えられています。

睡眠誘導物質(ムラミルペプチド)について
人にとって有害な細菌が体内に侵入するとマクロファージと呼ばれる免疫細胞が攻撃を始めます。この時にムラミルペプチドと呼ばれる物質が作られてこの物質が発熱と眠気を誘発します。ムラミルペプチドは細菌の細胞壁から作られますが、腸内に住み着いている細菌の細胞壁からも同じように作られます。腸内細菌はマクロファージから攻撃されるわけではないので発熱を誘発することはありませんが、睡眠とは深く関係していると言われています。

便秘が睡眠の質と関係しているもう一つのポイントが、睡眠ホルモンとも呼ばれているメラトニンの生成です。

メラトニンは、気持ちを落ち着かせることで副交感神経を優位な状態にし眠気を促す働きがあります。メラトニンは脳内で作られるセロトニンと呼ばれる物質を原料に作られます。脳内で作れらるセロトニンは腸内環境が良い状態にあると作られる量が増えると言われています。

さらにセロトニンは、トリプトファンという必須アミノ酸の一種からビタミンB群を材料に作られます。ビタミンB群は善玉菌が腸内で生成するので、善玉菌の働きが低下していると最終的に睡眠ホルモンであるメラトニンの生成にも影響するわけです。

つまり、便秘によって善玉菌の働きが低下すると脳内で作られるセロトニンが十分に作られないため結果として睡眠の質を保つメラトニンが作られず不眠になってしまうのです。

IBS(過敏性腸症候群)とセロトニン

緊張するとすぐにお腹を壊してしまう体質の人は決して少なくないと思いますが、このような症状が長期間続く場合はIBS(過敏性腸症候群)が疑われます。最近の研究では、緊張によって脳がストレスを感じると腸内でセロトニンが過剰に作られて、腸のぜんどう運動を活発にしすぎることが原因であることが分かってきています。

脳でセロトニンが作られると気持ちをリラックスさせますが、腸でセロトニンが過剰に作られるとお腹を壊してしまうのです。つまり脳のセロトニンによる作用(リラックス効果)と腸のセロトニンによる作用(腸を過敏にする効果)のバランスが崩れた時にIBSが引き起こされると考えられています。

便秘による不眠の対策は善玉菌を増やすことが重要

便秘によって便が長時間腸内に滞留すると、悪玉菌が増殖していきます。悪玉菌が増殖すると日和見菌が悪玉菌に加勢するため相対的に善玉菌が減っていきます。善玉菌が減少すると睡眠誘導物質の分泌に悪影響を及ぼしたり、メラトニンの原料である脳内セロトニンが減少するため睡眠の質が低下してしまうわけです。

ですから、善玉菌を増やすことが便秘が原因である不眠には重要といえるでしょう。では善玉菌を増やすためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

結論から言うとプレバイオティクスとプロバイオティクスを同時に摂取することが近道です。プロバイオティクスとは、ビフィズス菌やラブレ菌などの腸にとって良い働きをする乳酸菌を指します。一方プレバイオティクスとは腸内の善玉菌や乳酸菌(プロバイオティクス)の餌となるような食物繊維やオリゴ糖などを指します。

乳酸菌を単独で摂取しても腸内の膨大な数の悪玉菌に負けてしまいます。善玉菌や乳酸菌の餌を同時に摂取することで送り込んだ乳酸菌を腸内で増やし結果として善玉菌の勢力を拡大することが可能になるのです。

プレバイオティクスとプロバイオティクスを手っ取り早く摂取する方法

乳酸菌はテレビCMでも目にする機会が多いですが、ビフィズス菌やラブレ菌、ガセリ菌などその種類は様々です。また食物繊維は、和食を口にする機会が減った日本人の食生活では不足しやすい栄養素です。

ですから、多様な種類の乳酸菌摂取や不足しがちな食物繊維摂取を補助するのにピッタリなサプリメントを比較厳選しました。非常に種類の多い乳酸菌サプリの中からパフォーマンスの高いサプリを選び出すのは一苦労です。様々な角度から比較して総合的にオススメなサプリを抽出しているので参考にして下さい。

このページの先頭へ