産後に切れ痔がなかなか治らないのはなぜ?

産後切れ痔が治らないのはホルモン変化が関係

妊娠、出産、産後は女性ホルモンのバランスが大きく変化するということを、女性なら1度は耳にしたことがあると思います。

女性ホルモンのバランスは妊娠、出産、産後に限らず女性の体調に大きな影響を与えていて、そのバランスが崩れてしまうと様々な体の不調があらわれます。

女性ホルモンの分泌量は妊娠後徐々に増加して、出産をピークに産後は急激に減少します。産後は、出産を境に女性ホルモン量が急激に減少すること、産後の様々なストレスがホルモンバランスを崩してしまうこと、などから体の不調があらわれやすくなります。

女性ホルモンは大きくエストロゲンとプロゲステロンという2種類に分けられ、この2つのホルモンはバランスが大切です。それそれの分泌時期や働き、どちらかが過剰になりバランスが崩れた場合の弊害は次のようになっています。

エストロゲン

  • 分泌の時期

    生理の終わりから排卵日にかけて分泌量が多くなる。

  • 主な働き

    卵胞ホルモンとも呼ばれていて生理周期を安定させたり、女性らしい丸みのある体つきを促進する。体温は下がり新陳代謝や自律神経を安定させる。

  • 過剰による弊害

    プロゲステロンに対してエストロゲンの割合が高まると、甲状腺の機能が低下したり乳がんや子宮がんのリスクが高まる。

プロゲステロン

  • 分泌の時期

    排卵後から次の生理にかけて分泌量が多くなる。

  • 主な働き

    黄体ホルモンとも呼ばれていて体を妊娠に適した状態にし、妊娠後は妊娠状態を安定させる。体温は上がり食欲が増え水分を体に保持する。
    過剰なエストロゲンが引き起こす副作用を抑える働きがある。

  • 過剰による弊害

    人によっては、むくみ、腹痛、頭痛などの症状があらわれる。

このように女性ホルモンは女性の体調を整える上で大切な働きをしますが、産後女性ホルモンが減少しバランスが崩れると、具体的には便秘、抜け毛、肌荒れ、体重増加などの体の不調があらわれます。

産後に切れ痔を引き起こす固い便はホルモン変化が原因

このような様々な体の不調の中でも切れ痔を引き起こす原因はやはり便秘です。普段から便秘がちな女性は少なくありませんが、産後はさらに便秘がひどくなる傾向にあります。

上のエストロゲンとプロゲステロンの説明にもあるようにこれらの女性ホルモンは自律神経を安定させたり、体の水分を保持する働きがあります。

ところが、女性ホルモンの減少によって自律神経が乱れて腸の運動が低下したり、体の水分保持機能が低下し便の水分を腸が吸収しすぎると便がかちかちに硬くなります。(自律神経の乱れと腸の運動は密接に関係します)

便秘になると腸内の悪玉菌が増えるのでますます便秘が悪化して、いつも硬い便になってしまい切れ痔になるのです。

女性ホルモンが低下した状態はしばらく続くので、妊娠前より意識的に便秘対策を行わないと切れ痔がくせになり、なかなか治らないという状態になります。

治らない産後の切れ痔に3つの対策法

女性ホルモンの低下は、女性の体が妊娠するための準備状態から赤ちゃんを育てる状態に変化している証しです。もちろん個人差がありますが、女性ホルモンの分泌量がもとの状態に戻るのに1年ぐらい掛かかります。

ですから、この時期は硬い便を出しやすい便にするための基本的な対策方法について取り組むのが先決です。

産後のストレス軽減

産後は慣れない子育てや、睡眠不足、旦那さんの育児や家事の非協力などで精神的に大きなストレスを感じる場合があります。

エストロゲンとプロゲステロンのバランスはストレスの影響を受けやすいので女性ホルモン全体量の減少に加えてバランスが崩れると便秘がひどくなる場合があります。

旦那さんはもちろん、可能ならば両親や親戚などに上手に甘えてなるべく穏やかな気持ちで育児に取り組めるようにしたいところです。

乳酸菌の摂取

切れ痔がなかなか治らないということは、硬い便が続いていて便が腸内に留まっている時間が長いためすでに腸内では悪玉菌が優位な環境になっている可能性が高いです。

赤ちゃんの便は少しすっぱい匂いがします。これは善玉菌の代表菌であるビフィズス菌が多い証拠です。便秘がちで硬い便の匂いは非常にきつく腸の壁に炎症を引き起こすなど腸の健康にとっても良くありません。

善玉菌が増えれば腸の働きが正常になり便秘の改善が期待できます。また善玉菌が増えれば免疫力の向上、肌荒れの改善なども期待できます。

これまで乳酸菌を摂取する習慣がなかったのなら、これを機会に乳酸菌を継続的に摂取することをおすすめします。

食物繊維の摂取

女性ホルモンの分泌量が低下すると腸のぜん動運動が低下します。便を押し出す力が弱まり便が腸に長い時間留まると、腸が水分を吸収して便が硬くなります。

食物繊維には腸を刺激して大腸の動きを活発にする働きがあるので普段より多めに摂取することを心がけましょう。


切れ痔の予防についてはもう少し詳しく説明した下記の記事も参考下さい。

切れ痔を予防するための基本的な3つの対策

管理人おすすめの乳酸菌サプリと選ぶポイント

続けて飲めば効果を実感できると考える乳酸菌サプリを比較厳選して紹介。

乳酸菌だけでなく食物繊維やオリゴ糖も配合されたサプリがおすすめです。乳酸菌サプリを選ぶポイントも解説しています。

このページの先頭へ