腸内フローラを整えると太りにくい体質になるのは本当か?

腸内フローラという言葉が最近注目されています。腸内フローラとは、善玉菌、悪玉菌、日和見菌(状況に応じてそのどちらにも加担する可能性がある菌)の3つの細菌バランスをいいます。ただし、厳密にはこれら3つの細菌はさらにいろんな種類があるのでバランスや組み合わせはかなり複雑です。

この腸内フローラを善玉菌が優位な状態に整えれば太りにくい体質になると話題になっていますが、果たして本当でしょうか?

当ブログでも肥満は腸内環境のせい?乳酸菌のススメという記事で書きましたが、腸内フローラが太りやすさや太りにくさの体質と関係していることは間違いないと思われます。

しかし、元々太りやすい体質の人が太りにくい体質の腸内フローラに意図的に持っていくのはかなり難しいと考えます。善玉菌や悪玉菌の菌はいろんな種類がありますが、研究者の間では腸内細菌の基本的なバランスは生まれながらに決まっているという考えが現在のところ濃厚です。

つまり、腸内フローラは一人一人の体質を決めていると言っても過言ではないので、体質を変えてしまうほど腸内細菌の基本バランスを変化させるのは難しいというのが太りにくい体質の腸内フローラになれない理由です。

乳酸菌の摂取は腸内フローラの改善に意味がないのか?

では、腸内細菌の基本バランスを変えることができないのならヨーグルトや乳酸菌サプリでせっせと乳酸菌を摂取しても意味がないのでしょうか?

基本的に一人一人決まっている腸内細菌のバランスは、生活習慣や食生活の乱れによって悪い方向に崩れていきます。さらに年齢と共に善玉菌(特にビフィズス菌)は減少していくので、腸内細菌バランスが崩れると免疫力の低下や便秘、肌荒れ、アレルギー症状などの原因になります。

乳酸菌の摂取は、このように崩れてしまった腸内細菌のバランスをその人個人が持っていた腸内細菌バランスに戻すことに有効であると考えます。

また、腸内細菌は食べ物の分解消化、脂質の代謝、ビタミンの合成などにも密接にかかわっています。昔と比べて太りやすくなったと感じている人は腸内フローラの乱れによって特に脂質の代謝が低下している可能性もあります。

そのような場合は、乳酸菌の摂取によって脂質代謝が正常になり、太りやすくなる前の体質に近づけることが期待できるでしょう。

ただし、筋肉量が落ちて最もベースとなる基礎代謝が低下している可能性もあります。やはり太りにくい体質づくりにはある程度の運動は欠かせないでしょう。

腸内フローラと太りにくい体質のまとめ

  • 腸内フローラの基本的なバランスを変えることは難しい。(太りにくい体質に劇的に変化させるのは難しい)
  • 乳酸菌の摂取によって太りやすくなる前の体質に近づけることは期待できる。
  • 乳酸菌の摂取は免疫力の改善や便秘の改善、アレルギー症状の改善に役立つ。

管理人おすすめの乳酸菌サプリと選ぶポイント

続けて飲めば効果を実感できると考える乳酸菌サプリを比較厳選して紹介。

乳酸菌だけでなく食物繊維やオリゴ糖も配合されたサプリがおすすめです。乳酸菌サプリを選ぶポイントも解説しています。

このページの先頭へ