下痢対策として乳酸菌を摂取するときのポイント

また下痢!乳酸菌を摂っているのになぜ?

ちょっと食べ過ぎたり冷たい飲み物を飲んでしまうとすぐに下痢してしまうのは、もう体質として諦めるしかないのでしょうか?もともとの体質もある程度は関係しますが、やはり大きいのは乳酸菌をあまり摂らない食習慣によって下痢しやすい体質を引き起こしているのが原因です。

腸内には500兆個から1,000兆個と天文学的な数の細菌が住み着いています。これらの腸内細菌の内訳が2割善玉菌、1割悪玉菌、残り7割がその他の菌という割合であれば理想的な腸内環境といわれています。

ところが、頻繁に下痢をすると善玉菌も一緒に便として排出されてしまい、相対的に悪玉菌が増えてくるのでこのバランスは簡単に崩れてしまいます。

そもそも「下痢」は、ヒトに悪影響を及ぼす異物が腸内に侵入したときに速やかに便として排出しようとして起こります。悪玉菌が作り出す様々な有害物質も異物とみなされるので悪玉菌が増えると下痢する頻度も増えてしまうのです。

つまり下痢によって、悪玉菌が増えてくると悪玉菌の作り出す有害物質も増えてくるためさらに下痢を引き起こしてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

このような悪循環に陥ると、1種類の乳酸菌数十億個程度をヨーグルトで補うだけでは腸内細菌バランスを整えるのは難しくなります

頻繁な下痢には単一の乳酸菌摂取では不十分

上にも書きましたが腸内細菌の総数は500兆以上とも言われています。ヨーグルトに含まれている乳酸菌は多くても100億程度ですので総数に対する割合はわずか0.002%にしかなりません。

ですから例えば、ビフィズス菌だけを100億個腸へ補給したとしても善玉菌が優位な環境へ一気にひっくり返すことは難しいでしょう。

そこでポイントとなる発想が乳酸菌を補給すると同時に既に存在している善玉菌や補給した乳酸菌を腸内で増やすという方法です。

乳酸菌は、ビフィズス菌、ラブレ菌、フェカリス菌、ガセリ菌などこれら以外にも色々な種類が確認されています。これらの乳酸菌が腸内で増殖するときに作り出す生産物質は善玉菌や他の乳酸菌のえさになります。

ですから複数の乳酸菌を同時に摂取することで、例えばA乳酸菌が作り出した生産物質がB乳酸菌のえさに、B乳酸菌の作り出した生産物質がC乳酸菌のえさにというようにお互いの増殖をサポートし合うことが可能になります。

さらに食物繊維やオリゴ糖も善玉菌や乳酸菌のえさになるので(プレバイオティクスといいます)これらも合わせて摂取することで善玉菌や色々な乳酸菌が一気に増殖するための下地ができるのです。

ラブレ菌は漬け物から発見された植物由来の乳酸菌ですが、ビフィズス菌やフェカリス菌は人の腸内に住み着いている乳酸菌です。

これらの乳酸菌を食事で摂取しようとすると、漬け物や複数のヨーグルトを毎日食べる必要があるので現実的とはいえないでしょう。サプリメントなら複数の乳酸菌だけでなくオリゴ糖や食物繊維も手軽に摂取することができます。

下痢とおさらば|乳酸菌サプリの選び方

以上を踏まえると乳酸菌サプリは、

  • 1種類ではなく2種類以上の乳酸菌が配合されている
  • 食物繊維やオリゴ糖が配合されている
  • 乳酸菌の総数はある程度の数(最低でも100億個以上)配合されている
  • 乳酸菌が胃酸で死滅しないような工夫がある

などのポイントを満足したサプリを選ぶと良いでしょう。

乳酸菌の種類は、ヒト由来や植物由来、主に小腸に働きかける種類や大腸に働きかける種類を網羅するという観点で選ぶとビフィズス菌、フェカリス菌、ラブレ菌などがおすすめです。

売れ筋の乳酸菌サプリをピックアップして配合成分を比較表にしてみました。上記ポイントのすべてを満足するサプリは多くありませんが、管理人が調べて範囲では乳酸菌革命が配合成分が充実しています。

商品名 乳酸菌の種類 プレバイオティクス 胃酸に負けない工夫
乳酸菌革命
ビフィズス菌
ラブレ菌
フェカリス菌
1,000億個
食物繊維
オリゴ糖
耐酸性カプセル
乳酸菌EC12
フェカリス菌
1兆個
食物繊維
オリゴ糖
特になし
ラブレ
ラブレ菌
100億個
特になし 特になし

このページの先頭へ