乳酸菌の働きと概要のまとめ【複数摂取のすすめ】

乳酸菌の種類と働き

乳酸菌は、腸内の糖類を原料に乳酸を作り出し腐敗物質を作らない人にとって有用な菌の総称です。種類によっては乳酸だけでなく、酢酸やアルコールを作り出す乳酸菌もあります。

乳酸や酢酸は腸内を酸性に保つ働きがあります。赤ちゃんの腸内は悪玉菌が存在していないため乳酸や酢酸の働きによって便が甘酸っぱい匂いがします。しかし、母乳やミルクから離乳食、通常の食事へと進んでいくと大腸菌が増えていくため大人の便の匂いになっていくのです。

また、酢酸は病原性の大腸菌O-157が出す毒素から腸を守る働きもあります。一方ウェルシュ菌や大腸菌に代表される悪玉菌は毒性のある有害物質を作り出します。ですから、乳酸菌を積極的に摂取することによって善玉菌が悪玉菌に対して優位な状態を保つことが大切なのです。

理化学研究所
ビフィズス菌の作る酢酸がO157感染を抑止することを発見

乳酸菌はホモ乳酸発酵といって乳酸だけを作り出すタイプと、ヘテロ乳酸発酵といって乳酸だけでなく酢酸やアルコールなども作り出すタイプの2種類があります。多くの人が知っているビフィズス菌は乳酸と酢酸を作り出すヘテロ乳酸発酵を行うタイプです。

ビフィズス菌以外では、ヨーグルトや乳酸菌飲料に使われている種類としてフェカリス菌やラブレ菌、ガセリ菌、ヤクルト菌などがあります。それぞれ少しずつ働きは異なっているもののいずれの乳酸菌も最大の免疫器官である腸の環境を良好な状態に保つ働きがあります。

乳酸菌のように人にとって有用な働きをする微生物をプロバイオティクスと呼びます。これらの微生物は様々な良い働きをしますが具体的な働きは下のとおりです。

  • 腸内を酸性に保ち有害物質を作り出す悪玉菌が活動しにくい環境を作る。
  • ナチュラルキラー細胞を活性化することによる免疫力の向上。
  • 免疫機能を改善することによる花粉症などのアレルギー症状の抑制。
  • 肌荒れの原因である悪玉菌が作り出す毒素の吸収阻害。

管理人が色々な乳酸菌を積極的に摂取する理由

体質的にお腹が強いタイプではない

例えば職場の研修などで合宿生活を送ることもたまにあるのですが、みんな同じような生活、同じような食事を摂っているにもかかわらずやはりお腹を壊す人が現れます。集団生活に伴う精神的なストレスも関係しているかもしれませんが、そのことも含めてお腹の強い体質の人とそうでない人がいるのは明らかといえるでしょう。

私はお腹の強い体質にはもちろん属しませんが、油っこい食事が多いとお腹を壊す傾向があります。アルコールが弱い人はアルコールを分解する酵素が生まれながらに少ないことが原因なので、基本的には鍛えることによってアルコールに強い体質になることはできない(分解酵素を後から増やすことはできない)といわれています。

それと同じで、油っこい食事が苦手な人は膵臓から分泌される酵素で脂質を分解するリパーゼという酵素が少ないのかもしれません。ですから、私は油っこい食事の量や頻度をうまくコントロールしながら(豚カツや天ぷらを無性に食べたくなる時もあるので)乳酸菌を積極的に摂取してお腹を壊す頻度を減らす努力をしています。

油っこい食事をついつい食べ過ぎてうっかり下痢してしまうと乳酸菌も一緒に排出されてしまうので、そのような観点からも常に乳酸菌を補給するように心がけています。

乳酸菌との相性

腸の壁は粘膜に覆われています。この粘膜のタイプと乳酸菌の種類には相性があると言われています。せっかく腸まで届く乳酸菌であっても粘膜との相性が悪いため定着できない可能性があるのです。

しかし、腸に届く前に乳酸菌が死滅してしまったり腸に定着できなかったとしても、他の乳酸菌のエサになるので全く意味がないわけではありません。

ビフィズス菌以外のフェカリス菌やラブレ菌などはそれぞれ特徴や期待できる効果が異なります。従って、以上の事からもいろんな種類の乳酸菌をまんべんなく摂取するように心がけています。

まとめ

乳酸菌は、食物繊維とともに腸内フローラを健康的なバランスに改善するためには欠かせません。人に有用な働きをする微生物群をプロバイオティクスというのに対して、乳酸菌などの微生物群のエサになり増殖を助ける成分をプレバイオティクスといい具体的には食物繊維やオリゴ糖などがあります。

せっかく摂取した乳酸菌が腸内に定着し増殖するためにも、色んな種類の乳酸菌の積極的な摂取に合わせてプレバイオティクスも摂取することが大切であると考えています。

腸内環境を支える乳酸菌!ビフィズス菌の働きと重要性

漬物から見つかった植物性乳酸菌!ラブレ菌の特徴と働き

免疫力といえばこの乳酸菌|フェカリス菌の働きと効果

管理人おすすめの乳酸菌サプリと選ぶポイント

続けて飲めば効果を実感できると考える乳酸菌サプリを比較厳選して紹介。

乳酸菌だけでなく食物繊維やオリゴ糖も配合されたサプリがおすすめです。乳酸菌サプリを選ぶポイントも解説しています。

このページの先頭へ