免疫力といえばこの乳酸菌|フェカリス菌の働きと効果

小さくても効果は大きい免疫向上乳酸菌

ビフィズス菌に代表される一般的な乳酸菌は免疫力を向上させる働きがありますが、そのなかでもフェカリス菌は他の乳酸菌と比べると特に免疫力を向上させる働きが強いと言われています。

フェカリス菌はもともと、人の体の免疫細胞の約60%が存在している小腸で発見された腸内細菌です。乳酸菌は棒状の形をした桿菌(かんきん)やビフィズス菌などのY字型をしたY字型菌、そしてフェカリス菌のように球状の形をした球菌などの種類があります。

球菌であるフェカリス菌は他の乳酸菌と比べると小さいため、乳酸菌飲料やサプリメントに大量に配合できるという特徴があります。ビフィズス菌などでは、ヨーグルトで数十億個、飲料で数百億程度ですが、フェカリス菌であれば飲料やサプリメントで1,000億個から1兆個配合されているものもあります。

ところで小腸は、胃や大腸のようにカメラで直接見ることが難しいため暗黒大陸と表現されてきました。ところが小腸は人の免疫システムの重要な部分を担っていて、フェカリス菌はその免疫システムを活発化することが分かってきました。

がんに侵された細胞やウィルスに感染した細胞を攻撃するリンパ球であるナチュラルキラー細胞(NK細胞)は、主に小腸に存在している腸内細菌から刺激を受けることで活性化します。フェカリス菌はNK細胞を活性化する働きが他の乳酸菌より高いため免疫力を向上させる働きが強いと言われているのです。

フェカリス菌は生きた菌よりも、加熱処理された死菌のほうが免疫力を向上させる働きが強いことが分かっています。ですから、生きて腸まで届くことを心配することなくかつ大量に摂取することができるのがフェカリス菌ならではの特徴といえるでしょう。

花粉症には抗ヒスタミン薬?それともフェカリス菌?

さらにフェカリス菌は免疫機能を正常に保つことにより過剰なアレルギー反応を抑える働きもあります。例えば花粉症は、体の中に侵入したスギやヒノキの花粉に対して過剰なアレルギー反応を起こすことで発症します。

通常の花粉症治療では、アレルギー反応によって体の中で作られるヒスタミンという物質を抑える抗ヒスタミン薬が使用されます。鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの原因となるヒスタミンを強制的にブロックするため比較的即効性がある反面、副作用として眠気や口の渇きなどが生じます。

また、抗ヒスタミン薬は根本的な治療薬ではないので薬の効果が切れると花粉症の症状が再発してしまいます。一方でフェカリス菌は、副作用もなく免疫機能を正常に保つので根本的な花粉症状の改善が期待できるのです。

伊藤園
フェカリス菌含有乳性飲料の花粉症症状緩和効果を確認

フェカリス菌の効果的な摂り方

フェカリス菌は、死菌のほうが免疫を活性化する働きが強いことから、生きた菌を配合したサプリメントや飲料などは多くありません。このことから、フェカリス菌は菌そのものが腸内で有用な働きをするプロバイオティクスではなく、ナチュラルキラー細胞の活発な活動を促すプレバイオティクスの側面が強い乳酸菌です。

また、主に小腸に働きかける乳酸菌なので腸全体の働きを健全に保つ視点で考えると、大腸にも働きかけるビフィズス菌と合わせて摂取することが望ましいでしょう。

管理人おすすめの乳酸菌サプリと選ぶポイント

続けて飲めば効果を実感できると考える乳酸菌サプリを比較厳選して紹介。

乳酸菌だけでなく食物繊維やオリゴ糖も配合されたサプリがおすすめです。乳酸菌サプリを選ぶポイントも解説しています。

このページの先頭へ