ストップ!安易な抗生物質の乱用【腸内環境とアレルギーへの影響】

私は、年に1回は38度以上の発熱を伴う風邪を引きます。病院に行くと併発している鼻水や咳、のどの痛みを改善する薬と合わせてほぼ毎回抗生物質が処方されます。また場合によっては、整腸剤も一緒に出される場合もあります。

「風邪はウィルスが原因であり、細菌の増殖を抑える抗生物質を飲んでも意味がない。」これは私でも知っていることなので、当然医者が知らないはずがありません。にもかかわらずなぜ抗生物質が毎回処方されるのでしょう?

抗生物質は必要ないということを医者に伝えれば無理やり処方されることはないでしょう。ですから、風邪であれば飲む必要がないと判断する人はそのように伝えればよいだけです。基本的に医者が抗生物質を処方するのは、風邪によって体の抵抗力が落ちると細菌による2次感染を引き起こす場合があるのでそれを防止するためと聞いたことがあります。

ところで、数年前に子供から手足口病をうつされたことがあります。大人は感染しないことが多いそうですが感染すると症状が重くなるらしく、私の場合も子供より長期間の高熱となかなか治らない足の裏や手のひらの水泡に苦労しました。手足口病はウィルスが原因なので安静にすることで症状は改善しましたが、2次感染によって気管支炎を起こしてしまいました。

手足口病とは?
文字通り手や足口の中に水泡ができ、発熱を伴うウィルス感染症。夏場に子供を中心に流行するがまれに大人にも感染する。ワクチンや抗ウィルス剤などはないため安静にしてウィルスが自然に排泄されるのを待つしかない。

もし早めに抗生物質を飲んでいたら2次感染による気管支炎を起こすことはなかったかもしれません。しかし、抗生物質は腸内環境に対しての影響を考えるとデメリットがあるのも事実です。抗生物質に整腸剤が一緒に出される場合があるのはそのデメリットを軽減するためなのです。

抗生物質が腸内環境へ及ぼす影響

抗生物質は風邪だけでなくいろんな場面や症状で処方されています。症状としては歯茎の腫れや炎症、副鼻腔炎、膀胱炎、怪我をしたときの化膿止めなどで、その目的も直接的に細菌を叩く場合から2次感染防止など様々です。

抗生物質が初めて発見されて広く普及することによって感染症による死亡率が著しく減少したことを踏まえると、たとえ重い病気ではなくても抗生物質の使用を素人判断で控えるのは危険です。

医療の歴史を変えたペニシリン
青カビから発見された世界初の抗生物質。肺炎や梅毒などのそれまでは死に直結した感染症から、多くの人の命を救うことが可能になった。

このように人にとって悪い働きをする細菌に対して高い効果を発揮する抗生物質ですが、同時に人にとって良い働きをする腸内細菌に対しても同じ効果を発揮します。つまり抗生物質によって腸内細菌が死滅、減少してしまうのです。

腸内細菌が急激に減少するとまず現れる症状が下痢です。私自身も高熱で体が弱っているときに、ある抗生物質を飲んでひどい下痢になったことがありました。抗生物質はいろんな種類があるので、症状を医者に伝えて種類を変えてもらうことでひどい下痢の症状はおさまった経験があります。

また、ちょっとした風邪に対してその都度抗生物質に頼りすぎると善玉菌が慢性的に減少した状態になります。腸内細菌のバランスが崩れ悪玉菌が増えると、炎症を引き起こすプロスタグランジンという物質が増えアレルギー反応が過剰になることが明らかになってきています。その結果、喘息が悪化したり花粉症、アトピー性皮膚炎などを発症するリスクが上がるともいわれています。

腸内細菌バランスの乱れが喘息を悪化させるメカニズムを解明(筑波大学)

まとめ

風邪などで抗生物質が処方される場合は、まずは3日飲んで様子を見るパターンが多いと思います。3日抗生物質を飲むことでどれだけの腸内細菌が死滅してしまうかはわかりませんが、一緒に処方される整腸剤を飲んだり乳酸菌を摂取することで急激な減少を抑えることは可能と考えます。

また、普段から腸内環境を良好に保つ乳酸菌などのプロバイオティクスを継続的に摂取することで、数日程度の抗生物質の摂取であれば下痢などの症状が出にくくなることが期待できるでしょう。

乳酸菌の働きと概要のまとめ【複数摂取のすすめ】

さらに、腸内環境が良好であれば免疫力が高まり風邪を引く機会自体も減らすことができ、結果として抗生物質を飲む機会を減らすことも可能になるのです。

管理人おすすめの乳酸菌サプリと選ぶポイント

続けて飲めば効果を実感できると考える乳酸菌サプリを比較厳選して紹介。

乳酸菌だけでなく食物繊維やオリゴ糖も配合されたサプリがおすすめです。乳酸菌サプリを選ぶポイントも解説しています。

このページの先頭へ