歯周病と腸内環境の意外な関係

歯周病とは

口の中には300~500種類もの細菌が存在しています。これらの細菌は、普段は唾液の自浄作用によって洗い流されているので異常繁殖することはありませんが、毎日の歯磨きが不十分だと歯と歯茎の隙間に歯垢(プラーク)が付着し細菌が繁殖する原因になります。

歯垢には、色々な細菌の中でも歯周病を引き起こす細菌が特に多く住み着きます。歯周病菌は歯茎に炎症を起こす原因となる毒素をだすので歯磨きなどでちょっとした刺激を歯茎に与えると簡単に出血します。

このような状態が長く続くと、歯の根っこを支えている骨まで炎症が進行して骨を溶かし始めます。歯を支えることができなくなるほど骨が溶けてしまうと抜歯しなければならなくなるのです。

管理人が歯周病になった事例

歯周病になった原因

小学生の頃に虫歯が原因で奥歯を1本抜歯し、そこにブリッジを入れていました。30歳を過ぎて歯周病になった歯はブリッジの土台になっている歯だったんですが、今思い返すと土台となっている歯茎から度々出血していたように思います。

ブリッジとは
抜けて空洞になった部分の両側の歯を土台とし、その土台に被せる冠と人工の歯を連結したもの。人工の歯にかかる力を両側の歯に伝達するため負担が大きくなる。

若い頃は免疫力が高いからかもしれませんが、歯茎から出血があってもすぐに治まっていたのであまり気にしていませんでした。ところが30歳を過ぎたあたりから野菜などの繊維質な食べ物や硬い食べ物を強く噛むと歯の根っこ付近が痛み出してきて、次第にブリッジをしている側の奥歯では食べ物が噛めなくなってきました。

本来ブリッジをしている周辺の歯は、汚れが溜まりやすいので歯間ブラシなどを使って丁寧に汚れを落とす必要があります。当時はもちろんそんなに丁寧に歯を磨いていませんでしたので、歯垢が付着することによって歯の根っこまで細菌感染を起こしたのだと思います。

胃もたれ、下痢の頻度が増えた

このころから胃もたれや下痢の頻度が増えたように記憶しています。また、それまでは下痢をしても多くて3回ぐらいトイレに駆け込めば治まっていましたが、2日、3日と長引くことも多くなりました。

最近の研究では、飲み込んでしまった歯周病菌が腸内まで到達すると悪玉菌を増やし腸内細菌バランスが崩れることがわかってきています。悪玉菌が増えれば悪玉菌の出す毒素によって下痢を引き起こしますし、毒素が腸から吸収されると全身に様々な影響を及ぼします。

新潟大学
歯周病が全身に及ぼす悪影響の新たなメカニズムを解明!

風邪が長引きやすくなった

もともと年に1回は風邪を引く体質だったんですが、風邪を引く頻度が増えるとともに完治するまで時間がかかるようになりました。また、咳喘息といって熱が下がった後に痰が絡まない「から咳」が2ヶ月、3ヶ月と続く病気も経験しました。

上記にも書きましたように歯周病菌を飲み込むことによって悪玉菌が増えると、腸内に存在している全体の60%~70%を占める免疫細胞が活発に働かなくなります。つまり免疫力が低下してしまいます。

このことによって風邪を引く頻度が増えるとともに長引くようになったのではないかと考えています。

免疫力といえばこの乳酸菌|フェカリス菌の働きと効果

治療後の状況

幸いなことに歯周病になった歯は根管治療を行うことによって抜歯をするまでは至りませんでいた。現在は、丁寧なブラッシングを行うと同時に定期的に歯医者に通ってクリーニングを行うことで良好な口内環境を保っています。

根管治療とは
歯の神経が入っている管や根の部分に細菌感染によって膿が溜まった際に、腐った神経や細菌をきれいに取り除く治療。

治療の甲斐もあって下痢の頻度も、もともとの頻度に落ち着いて2日、3日と長引くことも無くなりました。また、最近は風邪をこじらせることもなくなっています。

まとめ

歯周病菌が腸内環境を悪化させることは、研究の成果から明らかになってきており私自身の経験からも実感しています。そして、腸内環境の悪化は下痢・便秘、免疫力の低下、肌荒れなどの原因となります。

歯周病菌が繁殖する原因である歯垢は、毎日の歯磨きで除去するしかありません。しかし歯垢の除去はブラッシングの方法を真剣に勉強しないと、どうしても磨き残しができてしまいます。

ですので私は、一つのブラシで全てを磨くのではなく歯の表面を磨くための通常のブラシ、歯と歯の境目や歯と歯茎の境目を磨くための尖った形をしたブラシ、歯と歯の隙間を磨くための歯間ブラシなど磨く場所に応じて歯ブラシを使い分けています。

非常に面倒で時間もかかりますが、歯周病によって歯を失うリスクと腸内環境への悪影響を考えると取り組むべきと考えて実践しています。

また、普段から乳酸菌を積極的に摂取して腸内環境を良好な状態に保っておくのも大切だと考えます。善玉菌が優位な環境であれば免疫力を高く保てるので結果として歯周病菌への抵抗力も高まります。正しいブラッシングと乳酸菌の継続的な摂取が効果的な歯周病の予防法であると考えます。

管理人おすすめの乳酸菌サプリと選ぶポイント

続けて飲めば効果を実感できると考える乳酸菌サプリを比較厳選して紹介。

乳酸菌だけでなく食物繊維やオリゴ糖も配合されたサプリがおすすめです。乳酸菌サプリを選ぶポイントも解説しています。

このページの先頭へ