ぜんどう運動を活発にする安全な方法|下剤のリスク

下剤はぜんどう運動の活発化に即効性があるがリスクも大きい

便秘を引き起こしてしまったときについ頼ってしまうのが下剤です。薬の作用でぜんどう運動を強制的に促し便意を誘発するので、排便に役立つでしょう。

即効性があるのでつい頼ってしまいたくなりますが、常用してしまうと以下のようなリスクを伴うので注意が必要です。

腹痛が起こる

まず下剤を服用すると強く腹痛を感じるおそれがあります。下剤は大腸の粘膜に作用してぜんどう運動を促しますが、特に腸内で便が溜まっている場合は通常よりも張ってしまっています。

そこへ下剤を使ってしまうと張りが増し、ムリやり動かして排出しようとするために腹痛を引き起こしてしまいます。

下痢になる

下剤を服用すると下痢も引き起こされてしまうおそれがあります。下剤を使うとぜんどう運動が活発化され便意を催すので、まずは出口に近い直腸付近の硬い便が排出されます。

しかし腸の上部にあった便も水分が吸収されていない状態で下されてしまうので、排出された便が下痢となって出てきてしまいます。

腸の働きを低下させる

下剤は腸の働きを低下させる原因にもなります。もともと腸は怠け者なので常用してしまうと下剤の刺激なしでは排便できなくなってしまいます。

下剤はハードに刺激を与えてしまうので慣れてしまうと生活習慣の改善だけで治すのが難しくなってしまい、腸の働きが低下してしまいます。

痙攣性便秘がひどくなる

通常の便秘に下剤を使うとぜんどう運動を強制的に起こさせ便を排出させるので、たとえ一時的でも下剤が効果的になるでしょう。

しかし痙攣性便秘に限っては下剤を使うと便秘がひどくなってしまいます。その理由は腸のけいれんをより一層促してしまうからです。

けいれんしている腸に下剤を使っても正常に動かすことはできないどころか、腸を激しくけいれんさせて便秘を悪化させてしまいます。

大腸メラノーシスのリスクも

下剤を長期的に使用すると大腸メラノーシスになると言われています。下剤に含まれるアントラキノンという成分が大腸を黒くし、ポリープができやすい環境を作ってしまいます。

なぜ大腸メラノーシスができるのかメカニズムはわかっていませんが、大腸がんを招くおそれがあるので注意が必要です。


このように下剤はあらゆるリスクをはらんでいるので乱用するのを避けるようにしましょう。下剤は手軽で便利ですが、まずは自然に便意を促す努力が必要です。

そのためには食事や生活習慣に気をつかっていきましょう。特に食生活は重要です。

大腸を穏やかに刺激しぜんどう運動を活発化する成分

大腸を穏やかに刺激しぜんどう運動を活発化する方法は、毎日の食生活にもあります。まず日々の食事に取り入れたい成分は食物繊維と乳酸菌です。下剤に頼らずに大腸の働きを活性化して自然な便意を促せます。

食物繊維

食物繊維は不溶性と水溶性に分かれていて、それぞれ役割が違います。米・豆類・いも類などの不溶性食物繊維は便のかさを増やして腸を刺激しぜんどう運動を行います。

海藻・納豆、モロヘイヤなどネバネバ食品は水溶性食物繊維に分類され、便を柔らかくして便通を促します。特に不溶性食物繊維は腸を刺激してぜんどう運動を促すので、便秘解消に役立ちます。

水分と一緒に摂ると、便が水分を含んで排便しやすくなります。意識しなければ不足しがちな成分なので、バランスよく取り入れる必要があります。

乳酸菌

腸の中には善玉菌と悪玉菌がいて腸内のバランスを保っています。基本的には善玉菌2・悪玉菌1の割合がベストだと考えられていますが、ちょっとしたことがきっかけで悪玉菌が優勢になってしまいます。

ぜんどう運動の低下の主な原因は悪玉菌の増加です。悪玉菌が増えてしまうと便秘・下痢などの消化・吸収リスクが高まってしまうだけでなく、免疫力を低下させたり、肌トラブルを招いてしまったりします。

逆に善玉菌が増えると腸内をキレイに保つように働きます。なかでもビフィズス菌は乳酸や酢酸などを作り出し悪玉菌が住みつくことができない環境を作り出し、ぜんどう運動を正常に保ちます

ぜんどう運動を活発にする成分はサプリで摂取するのがオススメ

ぜんどう運動を活発にするためには乳酸菌と食物繊維が重要です。しかし食事だけから摂取するのは簡単ではありませんし、効果的に摂るためには工夫が必要です。また現代人は忙しいのでなかなか意識して摂る時間もないでしょう。

ぜんどう運動を活発にする乳酸菌と食物繊維は摂取が難しい

乳酸菌と言えばヨーグルトですが、乳酸菌の配合量から計算すると1日300gが最適と言われています。市販のプレーンヨーグルトだと3/4も食べなければなりません。

さらに乳酸菌のエサとなるオリゴ糖も一緒に摂取する必要があるので手間やコスパがかかってしまい効率的に摂るのは難しいかもしれません。

カップタイプのヨーグルトでは1個70g程度なので4から5個必要になってしまうだけでなく、砂糖の摂りすぎも心配です。砂糖はぜんどう運動を抑制してしまうので加糖タイプのものは腸内環境を荒らしてしまうおそれがあるので避けるべきです。

また食物繊維は現代の日本人の食事で不足しがちな栄養素と言われています。その理由は共働き世帯が多く外食やコンビニ、惣菜などの炭水化物中心の食事ですませてしまい、自炊する人が減っているからです。野菜は食物繊維の宝庫ですから、食べなければ自然と不足してしまうのです。

効率よく摂取するならサプリがおすすめ

やはりサプリメントを使うのが手軽で効率的です。日常的に不足しがちな乳酸菌や食物繊維を同時に摂取し、下剤に頼らなくても自然のお通じが期待できます。また下剤のように本来持っている排便力を落としてしまう心配もありません。

サプリメントはバランスよく配合されているので効率的に成分を補えます。持ち運びできるのでどこにいても飲み忘れることもないのも便利です。また忙しくても簡単に摂れるところも魅力です。忙しい現代人にはぴったりなのでぜひ活用しましょう。

管理人おすすめの乳酸菌サプリと選ぶポイント

続けて飲めば効果を実感できると考える乳酸菌サプリを比較厳選して紹介。

乳酸菌だけでなく食物繊維やオリゴ糖も配合されたサプリがおすすめです。乳酸菌サプリを選ぶポイントも解説しています。

このページの先頭へ