草食系の乳酸菌?新谷乳酸菌ラクトバチルスの評価

新谷乳酸菌ラクトバチルスの概要

価格 初回おためし価格(15包):1,000円(送料無料)
通常価格:3,456円(送料無料)
定期購入:3,110円(送料無料)
内容量 30包(1包/1日目安)
原材料 難消化性デキストリン、アップル果汁末、イソマルトオリゴ糖、マンゴー果汁末、ドロマイト、大豆発酵乳酸菌エキス、サイリウム種皮、イヌリン、有胞子性乳酸菌、アップルファイバー、キトサン(カニ、エビ由来)、寒天、環状オリゴ糖、クエン酸、香料、V.C、甘味料(ステビア)、ナイアシン、V.E、パントテン酸、V.B2、V.B1、V.B6、V.A、葉酸、V.D、V.B12

乳酸菌の種類と量

新谷乳酸菌には有胞子性の植物性乳酸菌が2億個配合されています。有胞子性とは乳酸菌が熱や胃酸に強い胞子(種子のようなもの)に包まれている種類をいいます。

納豆菌も同じように胞子を形成する種類で、胃を通過した後腸内で発芽するため腸に到達する割合が高いという特徴があります。

植物性乳酸菌として知名度のある菌にはラブレ菌がありますが、新谷乳酸菌に配合されている植物性乳酸菌はどのような種類なのか公式ページに記載がないため分かりません。

ですが、胞子を形成する植物由来の乳酸菌なので納豆菌や枯草菌のような種類であると予想されます。

配合量は2億個なので乳酸菌サプリとしては少ないです。乳酸菌以外のサポート成分が豊富なので乳酸菌を補うというよりは腸内で増殖することに重点をおいたサプリなのかもしれませんが、それでも2億個は絶対的に量が少ないと思われます。

一方で生きた乳酸菌ではありませんが、バイオジェニックスである大豆発酵乳酸菌エキスが配合されています。豆乳の中で複数の乳酸菌が発酵することで作り出されたエキスは、腸内の善玉菌が活動するときに作り出す生成物質そのものです。

もう少し種類・量共に多い乳酸菌と組み合わせて大豆発酵乳酸菌エキスが配合されていれば高い評価となっていましたが、やはり2億程度の配合では価格相応の普通の評価とならざるを得ないでしょう。

胃酸に負けない配合技術

新谷乳酸菌ラクトバチルスは胃を通過した後腸内で溶けて乳酸菌が放出されるようなカプセルタイプではなく顆粒タイプです。

上の記事でも書いたように有胞子性の乳酸菌なので、乳酸菌そのものが胃酸や熱に強くカプセルなどでコーティングする必要はありません。

その反面、顆粒タイプは顆粒の味がダイレクトにするので飲みやすくするために甘味料などの添加物を配合するサプリも少なくありません。

新谷乳酸菌にも甘味料としてステビアやマンゴー果汁などが配合されています。これらの成分を継続的に摂取したとしても健康を害する心配は考えにくいですが、続けて飲んでいると次第に味に飽きてくる可能性はあるでしょう。(新谷乳酸菌だけでなく味のあるサプリなどの全てにいえることですが・・・。)

乳酸菌は胃酸に負けない有胞子性を採用しており評価できますが、カプセルなら配合しないであろうステビアなどの甘味料がややマイナスポイントです。

その他の配合成分

新谷乳酸菌は、食物繊維が7種類配合されていて乳酸菌の配合量が少ない点からも腸内で善玉菌が増えやすくなる土台をつくることに重点をおいていると考えられます。

7種類の食物繊維としては、アップルファイバー、パインファイバー、寒天、イヌリン、サイリウム、キトサン、環状オリゴ糖となっていてすべて自然由来です。

しかし、自然由来だからすべて安心というわけではありません。特にサイリウムは公式ページにアレルギーに関する注意事項が記載されています。

サイリウムに直接触れる業務(調合・製造など)に携わる人が、本製品を摂取した場合にごくまれに皮膚にかゆみ・発疹の過敏反応を起こす可能性があります。

ウェルベストのショッピングサイトから引用

また、サイリウムはアメリカでアナフィラキシーショックを起こした事例があり、精製方法について厚生労働省から注意喚起が出されています。

さらに、過度な食物繊維の摂取は体質によって下痢や便秘を引き起こす場合もあります。新谷乳酸菌には食物繊維が多く配合されていることが予想されますが、1回の摂取で何グラム相当の食物繊維が配合されているか表示がありません

以上の事から豊富な種類の食物繊維が配合されている点は評価できますが、サイリウムの取り扱いや食物繊維の量について注意が必要なためやや評価を差し引かざるを得ないと考えます。

新谷乳酸菌ラクトバチルスはどんな会社が販売しているのか?

商品名にもなっている新谷氏は、内視鏡外科の分野で権威である先生です。「病気にならない生き方」などの著書がありますが、amazonのレビューには医者の視点からやや偏った見解があるというレビューも一部みられます。(内視鏡の術式については優れた業績があることには間違いないようです)

一方、新谷乳酸菌を販売している富士産業株式会社(販売サイトはウェルベスト)は新谷先生が監修した酵素サプリや乳酸菌サプリ、女性用の育毛剤など健康食品や化粧品を扱う会社です。

昭和29年に創業した非常に歴史のある会社で、アリナミンなどで有名な武田薬品と薬用入浴剤を共同開発した経緯もあり信頼性の高さを窺わせます。

以上のような点から、会社としては信頼性が高いと評価できますが、新谷乳酸菌は新谷先生の名前が掲げられた商品であり、自社の研究で開発された商品ではない点がややマイナスです。

総合評価

  • 乳酸菌の種類と量
    有胞子性の乳酸菌は評価できるが2億個は少ない。…★★☆☆☆
  • 胃酸に負けない配合技術
    有胞子性は胃酸や熱に強いが甘味料はややマイナス。…★★★★☆
  • その他の配合成分
    豊富な種類の食物繊維は評価できるがサイリウムには注意が必要。…★★★☆☆
  • 会社の信頼性
    大手製薬会社と取引もある信頼性のある会社だが自社開発ではない点がややマイナス。…★★★★☆
  • 総合評価おすすめ度B(価格相応の評価)

管理人おすすめの乳酸菌サプリと選ぶポイント

続けて飲めば効果を実感できると考える乳酸菌サプリを比較厳選して紹介。

乳酸菌だけでなく食物繊維やオリゴ糖も配合されたサプリがおすすめです。乳酸菌サプリを選ぶポイントも解説しています。

このページの先頭へ